ネット証券最大手 【SBI証券】はネット証券で口座開設数No.1の最大手!手数料も安くコスパがいい。

SBI証券アイキャッチ証券口座
ぽろ
ぽろ

こんにちは、ぽろです。

ネット証券に口座を作ろと思ったらとりあえず 【SBI証券】に口座を作っておけば問題でしょう。私も最初に口座を持ったのは【SBI証券】でした。

SBI証券とは

SBI証券とは、ネット証券で口座開設数No.1でネット証券会社の中でも最大手の証券会社です。取り扱われている金融商品も国内株式や投資信託だけでなく、外国株式、先物オプション、ETF、債券、FX、金・銀プラチナなど、幅広いサービスを提供しています。

SBI証券は、手数料、取扱商品など、サービス内容のバランスがよく、使い勝手がいいのでこれから投資を始めるために口座を開設するなら、とりあえずSBI証券を選んでおけば安心できます。そんなSBI証券の気になる特徴を簡単に分かりやすくまとめてます。

 

SBI証券[旧イー・トレード証券]

No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券
ネット証券口座開設数No.1 600万超
業界屈指の格安手数料
国内株式個人売買代金シェアNo.1
NISA口座開設数 主要ネット証券No.1
外国株取扱国数 主要ネット証券No.1

 

SBI証券の手数料

証券口座を選ぶ際に、一番に比較されるのが取引手数料でしょう。

SBI証券の取引手数料は2つのプランが用意されていて、1日の約定代金合計額に対して手数料がかかるアクティブプラン・1注文の約定代金に対して手数料がかかるスタンダードプランがあり、手数料は業界で最安水準に位置しています。

ネット証券の多くは、口座管理料は無料となっていてSBI証券でも無料となっています。

 

現物取引

現物取引の場合の主なコストとなるのは取引手数料なので、自分の取引方針に合った手数料プランを選ぶことで運用成績が違ってきます。

スタンダードプランでは、1回の約定代金に対して手数料が決まるプランです。例えば、「2,000円の株を200株」取引場合の手数料は「2,000×200=400,000」となるので105円の手数料となります。

アクティブプランでは、1日の約定代金合計額に対して手数料が決まるプランです。上記の例に例えれば「2,000円の株を200株」取引場合の手数料は「2,000×200=400,000」となるので手数料は0円となります。

 

SBI証券HPより

SBI証券現物取引手数料

(2020年2月時の情報)

 

信用取引

信用取引の手数料は、現物取引と比べるとよりシンプルなものとなっています。手数料は信用取引のほうが安くなっていますが信用取引では手数料のほかにも金利・貸株料といったコストが生じます。

信用取引では信用買いの場合は買い方金利、信用売りの場合は貸株料といったコストが発生し、建玉を持ち越した際にはこれらの金利を支払う必要があります。

 

 

SBI証券HPより

SBI証券信用取引手数料

SBI証券信用取引金利貸株料

(2020年2月時の情報)

スタンダードプランは、1回の約定代金に対して手数料が決まるプラン!
アクティブプランは、1日の約定代金合計額に対して手数料が決まるプラン!
信用取引では買い方は金利、売り方は貸株料を支払う!

 

取扱商品

SBI証券では、証券会社で取引される金融商品をほぼ網羅しています。国内株式、投資信託、外国株式、先物オプション、ETF、債券、FX、金・銀プラチナ、ロボアドバイザー、NISA、iDeCoといったネット証券として幅広い金融商品を取引することができます。

 

国内株式

国内株式は日本に上場している株式ならばすべての銘柄取引可能のとなっています。保有している株式は貸株制度を利用することで貸株金利を得ることができます。

貸株は、保有している株式を証券会社に貸すことで銀行預金と同じように金利を受け取ることができます。金利は銘柄によって異なりますが、0.10%~1.0%となっていて銀行預金よりも高い金利で運用できます。

IPO(新規上場株式)の取扱件数も多く、IPOねらいの取引をするならSBI証券に口座を持つことでIPOのブックビルディングに当たる可能性が高くなります。

SBI証券は、1株から株式を購入できる「S株」というサービスがります。通常の株式を購入するには、100株単位の取引になります。まとまった資金を用意できないという方は「S株」とういう選択もありですね。

 

海外株式

海外株式では米国株をはじめ、中国、韓国、ロシア、ベトナム、シンガポール、タイ、マレーシアの株式に投資することができます。

海外株式の取引なら米国株がおすすめです。米国株なら情報量も多く誰もが知っている有名企業もあり、配当金も高く貸株も利用できるため日本株と同じような運用ができます。

新興国株は情報量も少なくリスクが高いので初心者の方はやめておくのが無難です。ただ、新興国はこれから発展していく可能性もあるので良い銘柄を選別できる技量があれば投資を検討してみるのもいいでしょう。

 

投資信託

SBI証券の投資信託は100円から積み立てることが可能で、買付のタイミングも毎日、複数日、毎週、毎月、隔月から選べます。毎日100円積み立てという方法も取れるのでSBI証券の投資信託はおすすめです。

取引できる投資信託も2,500本以上あり、自分の運用方針に合った投資信託を見つけることができるでしょう。

Tポイントで投資信託

SBI証券では、Tポイントを使って投資信託に投資することができます。

利用できるポイント数には制限は無く、好きなだけ自由に利用するポイント数を指定することが可能です。

また投資信託や国内株式など、さまざまな商品の取引に応じて、Tポイントを貯めることができます。

 

 

FX(外国為替保証金取引)

SBI証券のFX取引である「SBI FXα」では全28通貨ペアの取引が出来ます。取引単位(1単位)が異なりますので、下記表をご確認ください。

スプレットは、メジャー通貨の「米ドル / 円」では0.2銭「ユーロ / 円」では0.5銭ポンド / 円」では1.0銭、低コストで取引することができます。

一部通貨ペアでは、通常取引の10分の1の取引単位で取引できるミニ取引もあります。

SBI FXαでは、保有している株式を担保にして、FX取引することもできるので、効率よく資産運用することができます。

 

 

NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA

NISAとは、NISA口座内での利益に対して、配当、売買益が非課税となる制度です。

NISAには一般NISA積立NISAジュニアNISAの3種いるの口座があります。

一般NISAでは、毎年120万円の非課税投資が可能となり、投資期間は最長5年間となっています。

積立NISAでは、非課税投資枠が年間40万円で、投資期間が最長20年となっています。

ジュニアNISAでは、0~19歳の未成年者が開設でき、両親または祖父母が管理者となり、未成年の子供一人に対して年間80万円まで最長5年間の非課税制度となっています。

 

 

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCo(イデコ)とは、老後に備えるための資金として年金がの資産運用をする「個人型確定拠出年金」のことです。

掛金は収入などによって変わり、最低月々5,000円から積立てができ、投資信託などの金融商品を自分で選んで運用し、原則60歳以降に年金または一時金で受け取ります。

掛金は全額が所得控除の対象で、運用益は非課税になります。また、受取り時にも税金が軽減されるので、節税効果が大きい点が魅力です。

しかし、積み立てしている資産は、60歳まで引き出すことができません。また、投資信託などの金融商品で運用するため元本割れのリスクもあります。

SBI証券 iDeCo は、運営管理手数料が無料口座開設手数料無料運営管理手数料無料で口座を開設することができます。

 

 

WealthNavi for SBI証券

ウェルスナビはロボアドバイザーにより投資活動すべてを自動化したシステム運用が可能です。

投資には金融知識や経済知識いといった高度な知識と投資のタイミングを見極める判断力が必要ですが、ウェルスナビのロボアドバイザーはAIによってロボットが自動売買することがで、知識不足や判断ミスをおこさず客観的な投資を自動で行ってくれます。

 

 

評価・評判

SBI証券の口コミでは情報量が豊富で取引画面や取引ツールが使いやすいといった意見や、一つの口座でいろいろな金融商品に投資できるので便利といった意見が見られました。

しかし、機能が豊富な故に使い方や情報の見方などに戸惑ってしまうということもあるようです。

SBI証券は全体的にレベルの高い証券会社だけあって、高評価な意見が多く特に取扱商品の豊富さや情報量、取引ツール、手数料の安さに魅力を感じているようです。

 

SBI証券[旧イー・トレード証券]

No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券
ネット証券口座開設数No.1 600万超
業界屈指の格安手数料
国内株式個人売買代金シェアNo.1
NISA口座開設数 主要ネット証券No.1
外国株取扱国数 主要ネット証券No.1

 

まとめ

SBI証券はネット証券の中では総合的なバランスもよく口座開設に迷っているならおすすめできる証券会社です。

私もネット証券で一番最初に口座を開設したのがSBI証券でした。今でもSBI証券で日本株と投資信託を運用しています。

現在は複数の証券口座を使って取引していますが、やはりSBI証券は使い勝手がいい証券会社だなぁと感じています。

 

 

SBI証券[旧イー・トレード証券]

ネット証券口座開設数No.1 420万超※1
2018年オリコン顧客満足度ランキング ネット証券1位
業界屈指の格安手数料※2
国内株式個人売買代金シェアNo.1※3
NISA口座開設数 主要ネット証券No.1※4
外国株取扱国数 主要ネット証券No.1※1
SBI証券のアクティブプランなら 10万円以下の現物取引・信用取引ともに『手数料0円』
お得な株価を狙い撃ち!SBI証券のSOR注文!
一瞬のチャンスも逃さない! 高機能ツール「HYPER SBI」
SBI証券なら朝でも夜間でも取引可能 帰宅後ゆっくり取引できるSBI証券のPTSサービス

使いやすさNo,1の実績「マネックス証券」
マネックス証券は「身近な生活口座」を目指す、 親しみやすくクリーンで新しいネット証券会社です。 口座数も業界最大級♪
~マネックス証券の魅力~
★スマートフォンでも取引可能
iPhone、Androidでも取引可能!マックストレーダースマートフォン!
★マックスポイント
お取引に応じてポイントが自動的にたまり、SuicaやANAのマイレージなど様々な特典と交換!
★資産設計をアドバイス
最新の金融工学理論を駆使して、あなたの資産設計をサポート

気になるサービスいろいろ。証券会社を選ぶなら総合力で松井証券です。
株取引をはじめるなら、自分に合った証券会社を見つけることが大切です。
ネット証券なら、口座開設から情報収集、 注文までインターネットでできるため、 好きな時間、好きな場所で取引できます。
また、店舗がなく営業員がいないため、 その分少ない経費で経営されているので、 取引手数料などの各種手数料が安く設定されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました