ENEOSカード(C・P・S)でガソリン・軽油がおトクに給油、3種のカードの特徴!

ENEOSカードクレジットカード
ぽろ
ぽろ

こんにちは、ぽろです。

ガソリン給油などで割引になるENEOSカードは、3つのタイプのカードがありそれぞれ特長が違います。

ENEOS(エネオス)カード(C・P・S)

ENEOS(エネオス)カードは、全国にガソリンスタンド(サービスステーション)を運営している「ENEOS株式会社」が発行しているクレジットカードです。

ENEOS(エネオス)カードには3つのタイプの異なるカードがあり、給油割引やポイント還元などサービス内容に違いがあります。

普段、車を通勤や買い物などに使っている方は毎月ガソリンを給油すると思いますが、ENEOS(エネオス)のガソリンスタンドをよく利用する方におすすめなのがENEOS(エネオス)カードです。

 

ENEOSカード
ENEOS(エネオス)カードは、年1回のご利用で年会費無料!
ENEOSでの給油がお得、24時間365日受付『ENEOSロードサービス』がついてくる。

【ENEOSカード】詳細はこちら

 

選べる3つタイプ

ENEOS(エネオス)カードには、キャッシュバックタイプ「ENEOSカード C」ポイントタイプ「ENEOSカード P」スタンダードタイプ「ENEOSカード S」のタイプの異なる3種のカードが存在します。

年会費は3タイプとも同じで本人会員/1,375円(税込み/初年度無料)家族会員/無料で、ロードサービスが無料付帯しています。

サービス項目サービス内容ENEOSロードサービス
レッカーサービスレッカー車による移動10kmまでは無料
路上修理(30分以内)キー閉じ込み開錠サービス30分以内は無料
バッテリージャンピング
タイヤパンク時の交換作業
落輪時の引き上げ作業※2
ガス欠時給油作業
その他30分以内の作業

追加カードには、家族カード、ETCカードが年会費無料で追加できます。

 

ENEOSカード:選べる3つタイプ

ENEOSカードHPより(2022年1月時の情報)

 

ENEOSカード C

「ENEOSカード C」は、毎月のカード利用額に応じてガソリン給油の値引き単価が決まります。

翌々月の給油額(最大150L:家族カードも含む)がキャッシュバック対象となり、実際にキャッシュバックされるまで3ヶ月のタイムラグがあるため勘違いしないようにしましょう。

値引き単価最大値の7円/Lにするには7万円以上利用する必要があるため、普段から積極的に利用していかないと条件達成は難しいかもしれません。

ETCカードと家族カード分も値引き単価を決める対象になるので、家族全員で協力して条件クリアを目指すこともできます

 

ENEOSカード:カードC

ENEOSカードHPより(2022年1月時の情報)

 

ENEOSカード P

「ENEOSカード P」は、ENEOSでの利用1,000円ごとに30ポイントENEOS以外での利用1,000円ごとに6ポイントが付与され、1,000ポイント=1,000円でキャッシュバック、または素敵な商品と交換できます。

ポイントの有効期限は2年間、有効期間が終了しだい、1ヶ月単位で失効するので注意しましょう。

ポイント交換レートはキャッシュバックが1番高く、1ポイント1円換算なのでおすすめです。

他にもTポイント、図書カード、JCBギフトカードなど多数の商品と交換可能です。

 

ENEOSカード:カードP

ENEOSカードHPより(2022年1月時の情報)

 

ENEOSカード S

「ENEOSカード S」はカードタイプC・Pと違い、利用金額に関係なく給油の際に常時ガソリン2円/L引き、灯油1円/L引きになるシンプルなカードです。

「ENEOSカード S」では、ENEOS以外の利用は1,000円で6ポイントENEOSの給油以外の利用(カーメンテナンスなど)は1,000円で20ポイント付与されます。

ポイントの有効期限は2年間、ポイントは1,000P=1,000円でキャッシュバックしたり、様々な商品と交換できます。

また、年1回のカード利用で年会費無料なので、ENEOSでのガソリン給油専用カードとして持っておくのがいいでしょう。

 

ENEOSカード:カードS

ENEOSカードHPより(2022年1月時の情報)

「ENEOSカード C」は、ガソリン・軽油が最大7円/L引き!
「ENEOSカード P」は、ENEOSなら最大3%ポイント還元!
「ENEOSカード S」は、年1回の利用で次年度年会費無料!

 

追加カード

追加カードには、家族カードETCカード年会費無料で追加できます。

ENEOSカード(P・S)では、家族カードの利用分もポイント付与され、本会員と合算してポイント加算されます。

QUICPayは、「アプリ」もしくは「専用カード」にENEOSカードに紐づけることで使える電子マネーで、ENEOSカード(P・S)なら利用金額の合計(税込み)1,000円ごとにポイントがたまります。

iPhoneを使っていれば、Apple Payを利用することもできます。

 

ENEOSカード:便利な追加カード

ENEOSカードHPより(2022年1月時の情報)

家族カード、ETCカードは年会費無料で追加できる!
QUICPay・Apple Payにも対応しモバイル決済もできる!

 

保険・紛失・盗難の際は

ENEOSカードは、VISA・JCBのブランドで発行することができます。

JCBを選ぶと「JCB海外お買い物保険」が付帯し、カードで購入した品物に対して90日以内に破損・盗難などの補償、年間補償限度額50万円 まで、自己負担額1回の事故につき1万円で補償を受けることができます。

JCBのショッピング保険なのでで、VISAブランドでは適用されません。

また、紛失・盗難などカードをなくした際は「紛失・盗難受付デスク」にすぐに連絡しましょう。

 

ENEOSカード
ENEOS(エネオス)カードは、年1回のご利用で年会費無料!
ENEOSでの給油がお得、24時間365日受付『ENEOSロードサービス』がついてくる。

【ENEOSカード】詳細はこちら

 

まとめ

ENEOS(エネオス)は、「ENEOSカード C」、「ENEOSカード P」、「ENEOSカード S」のそれぞれ異なるガソリン値引き、キャッシュバック、ポイントが用意されており、ガソリン給油だけでなく普段使いにも十分利用できるカードです。

3タイプともロードサービスが無料付帯しているので、別にロードサービスに加入しなくても万が一の車のトラブルに備えることもできて大変お得です。

年会費は本人会員/1,375円(税込み/初年度無料)家族会員/無料で、「ENEOSカード S」のみ年1回の利用で次年度年会費が無料になるので、給油専用カードとして持っておくのもいいでしょう。

 

年会費永年無料の「楽天カード」
楽天市場でのお買い物ならいつでも3倍、街の加盟店でカード利用100円につき楽天ポイントが1ポイント貯まる。
ネット不正あんしん制度や商品未着あんしん制度でといったネットショッピング時のトラブルに対応した補償あり!
海外レンタカー優待、手荷物宅配優待、海外旅行傷害保険など、旅行に便利なサービスも付帯!

イオンカードセレクトを持っていれば、イオン銀行の普通預金金利が優遇されます。
全国のイオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなど、イオングループの対象店舗でカードを利用すると、通常200円につき1ポイント貯まるWAON POINTが、いつでも2倍の2ポイント貯まります。
毎月20日・30日の「お客さま感謝デー」は、全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンターなどの店舗でカードを利用すると、お買い物代金が5%OFFとなります。

リクルートカード

リクルートカードは、年会費無料でポイント還元率1.2%と年会費無料の高還元!
リクルートカードで貯まるポイントはリクルートポイント1ポイント=1円換算となり、「じゃらん」「Hot Pepper Beauty」「ホットペッパー グルメ」等のリクルート関連サービスで利用可能!
共通ポイントpontaに「1ポイント=Pontaポイント1ポイント」で移行することもできる!

コメント