ETF(上場投資信託)とは?リアルタイムに取引でき、手軽に分散投資できる投資信託

ETF アイキャッチ投資信託
ぽろ
ぽろ

こんにちは、ぽろです。

ETF(上場投資信託)は、証券取引所に上場している投資信託で、株式を同じ感覚で取引することができる投資信託です。

ETF(投資信託)とは

ETFとは、「Exchange Traded Funds」(エクスチェンジ・トレーデッド・ファンド)の略で、「上場投資信託」と呼ばれる金融商品です。

ETFは日経平均株価やTOPIX等の日本株やNYダウ等の海外の指数に連動するように運用されている投資信託の一種です。

株価指数だけでなく、債券・REIT(リート)・通貨・コモディティ(商品)の指数にれんどうするものもあり、日本・米国・EUなどの投資しやすい先進国から、途上国にまで分散投資することができます。

 

ETFの仕組み

ETFは株価指数などに連動を目指すため、複数の銘柄で構成されているので、1銘柄のETFで分散投資ができる仕組みになっています。

ETFは「上場投資信託」なので、その名の通り「証券取引所」に上場されている投資信託です。上場されているので「株式」と同様にリアルタイムでの取引が可能で、証券会社においても株と同じように売買でき手数料のコストなども株取引と同様の仕様となっています。

また「信用取引」で売買することもできるので、レバレッジを掛けたハイリスク、ハイリターンの取引をお香ことができます。

※信用取引については詳しくはこちら

信用取引とは?信用取引は危険なのか仕組みを解説
株の取引には「現物取引」と「信用取引」の2種類取引方法があります。「現物取引」は口座を開設と同時にできますが、「信用取引」は審査が必要です。そんな「信用取引」の仕組みについて解説します

 

ETFのメリット

ETFのメリットは、株式と同じように相場の値動きを見ながらリアルタイムで取引することができます。また、信用取引でレバレッジを掛けた取引が出来るのもETF特徴のです。

少額で分散投資できるのもETFのメリットです。ETFは複数の銘柄で構成さているので、1つのETFで分散投資が実現できています。日経平均株価は255で構成されているので、日経平均に連動するETFなら実質255社に分散投資したことになります。

ETFは投資信託のため、保有期間中には一般的な投資信託と同じで「信託報酬」がかかりますが、ETFの「信託報酬」は一般的な投資信託よりも低めに設定される傾向にあります。

売買できるETFは、日本株式だけでなく、国内債券、外国株式、外国債券、REIT(不動産投資信託)、商品(コモディティ)等、様々な指数に連動するETFがあり、海外資産や商品にも手軽に投資することができます。

ETFのデメリット

ETFには市場価格」と「基準価格」の乖離リスクがあります。乖離リスクとはどいうゆうことかというと、ETFには取引所での「市場価格」と投資信託としての「基準価格」があります。分配金の支払いや有価証券の組み入れコストなどで2つの価格に乖離が生じてしまうことがあるということを覚えておきましょう。

ETFは投資信託のように自動積立投資をすることができません。投資信託のように積立投資をしたいなら毎日ETFを手動で購入する必要があります。

また、分配金も通常の投資信託と異なるため、分売金の再投資コースというものもありません。

まとめ

EFTは投資信託の地区長を持ちながら、株式のようにリアルタイムで取引でき、信用取引の対象ともなっているので手持ち資金にレバレッジをかけた取引をすることができます。

その反面、通常の投資信託のように自動積立や分配金再投資コースといった運用ができません。

自分の運用方針によって上手に使分けましょう。

※投資信託について詳しくはこちら

投資信託とは?投資信託の基本を初心者にも簡単に分かる解説
投資信託とは?投資信託とはどんな金融商品なの投資信託の仕組みを初心者にも簡単に分かるように解説

おすすめ証券会社

現物取引が55円(税込)~、信用取引が0円~と、業界最安値水準の手数料での取引ができます。
口座開設費、口座管理・維持費も無料です。
取引ツールは、基本機能をすべて搭載し使いやすさにこだわったSTANDARD版と、取引に特化した高機能なPRO版があり、さまざまなスタイルに対応しています。
また、取引をすると取引手数料の1%がDMM株ポイントとして貯まり、貯まったポイントは1pt=1円として1,000pt以上から現金に交換できます。

キャンペーン

LINE証券の魅力
・1株単位で数百円から株が買える
・LINEポイントを使って投資ができる
・業界最低水準の取引コスト(※)
・平日21時まで取引できる
・申込から最短翌営業日で口座開設できる

気になるサービスいろいろ。証券会社を選ぶなら総合力で松井証券です。
株取引をはじめるなら、自分に合った証券会社を見つけることが大切です。
ネット証券なら、口座開設から情報収集、 注文までインターネットでできるため、 好きな時間、好きな場所で取引できます。
また、店舗がなく営業員がいないため、 その分少ない経費で経営されているので、 取引手数料などの各種手数料が安く設定されています。

 

コメント