そもそも株とは何か?株はどこで取引されているのか?初心者にも簡単に分かる解説

はてな株式投資
ぽろ
ぽろ

こんにちは、ぽろです。

これから株式投資をしようと思っている方などで、そもそも株とは何か?

株はどこで取引できるのか?

といった株式に対する基本的なことを、初心者の方にも簡単に変わるように概要を説明します。

株とは何か

株とは株式と言い、会社が資金を調達するために投資家などにお金を出してもう代わりに発行する株券(証明書)のことで、株の保有者を株主と言い株主には会社の経営にに関する権利や会社利益から配当金や株主優待といった利益を得ることができます。

 

株主の権利

  • 株主総会に参加して議決に加わる権利(議決権)
  • 配当金などの利益分配を受け取る権利(利益配当請求権)
  • 会社の解散などに際しては、残った会社の資産を分配して受け取る権利(残余財産分配請求権)

 

株主の利益

  • 株式の持ち分に応じて会社の利益から支払われる配当金(インカムゲイン)
  • 保有している株式が購入時よりも値上がりし高く売却した時の差益(キャピタルゲイン)
  • 株主優待制度によって出資している企業の自社製品や商品券、各地の名産品などを受け取ることができます。(実施していない会社もある)

 

株はどこで取引できるのか

株の取引は「証券取引所」で行われます。とはいえ一般の人が証券取引所で売買を行うのではなく、証券会社に口座を開設し「証券会社」を通して売買します。

 

証券取引所とは

証券取引所は株式や債券などの売買取引を行なうための場所です。証券取引所で売買される株式のことを上場株式といい、株式を証券取引所に上場している会社を上場会社といいます。

日本には複数の証券取引所があり、株を上場するには、上場しようとしている証券取引所の上場基準をクリアし、会社を上場する必要があります。

 

東京証券取引所

東京証券取引所は、日本で最も大きい証券取引所で、「東証一部」「東証二部」、ベンチャー企業が中心の「マザーズ」と「ジャスダック」などがあります。

 

札幌証券取引所

札幌証券取引所は、上場企業は北海道の企業が中心で、小規模な取引所です。 ベンチャー企業向け株式市場として「アンビシャス」あります。

 

名古屋証券取引所

名古屋証券取引所は、「第一部」「第二部」のほか、新興企業向けの市場として「セントレックス」があります。第一部や第二部へのステップアップを視野に入れた企業が上場しています。

 

福岡証券取引所

福岡証券取引所は、本則市場と新興企業向け「Q-Board」あります。上場する企業は主に九州周辺に本社を置く企業です。

 

証券会社とは

証券会社とは、証券取引所に上場している株式を売買したい投資家の仲介をする会社です。投資家は証券会社に口座を開設し、手数料を支払い株の取り引きをすることになります。

証券会社は複数社あり、投資家はそれぞれの証券会社のサービス・手数料・取引ツールなどを比べて自分にあった会社に口座を開設するようにしましょう。

 

 

現物取引が55円(税込)~、信用取引が0円~と、業界最安値水準の手数料での取引ができます。
口座開設費、口座管理・維持費も無料です。
取引ツールは、基本機能をすべて搭載し使いやすさにこだわったSTANDARD版と、取引に特化した高機能なPRO版があり、さまざまなスタイルに対応しています。
また、取引をすると取引手数料の1%がDMM株ポイントとして貯まり、貯まったポイントは1pt=1円として1,000pt以上から現金に交換できます。

キャンペーン

LINE証券の魅力
・1株単位で数百円から株が買える
・LINEポイントを使って投資ができる
・業界最低水準の取引コスト(※)
・平日21時まで取引できる
・申込から最短翌営業日で口座開設できる

気になるサービスいろいろ。証券会社を選ぶなら総合力で松井証券です。
株取引をはじめるなら、自分に合った証券会社を見つけることが大切です。
ネット証券なら、口座開設から情報収集、 注文までインターネットでできるため、 好きな時間、好きな場所で取引できます。
また、店舗がなく営業員がいないため、 その分少ない経費で経営されているので、 取引手数料などの各種手数料が安く設定されています。

コメント