ファンダメンタルズ分析とは?ファンダメンタルズ分析の基本!初心者にも簡単に分かる解説

分析方法株式投資
ぽろ
ぽろ

こんにちは、ぽろです。

投資は適当にやっていても儲けることはできません。

これから取引しようとしている銘柄が、上がるのか、下がるのか、様々な情報をもとに分析することが必要です。

株価分析の手法

株式投資で成功するためには、その株に投資すべきなのか、投資すべきでないのかを判断する必要があります。

その判断に用いられる分析手法には大きく分けて「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」に分類することができます。

ここでは、「ファンダメンタルズ分析」について解説していきます。

 

ファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズ分析とは、企業の財務状況や業績といった企業の業績面を分析し財務の安全性や業績の推移をみて企業の将来性を判断する分析します。

また、個別企業の業績以外に国際的な経済の動きを判断し、将来の日本経済・世界経済は堅調に推移できるのかを分析します。

 

企業の業績や財務状況などから企業価値を判断する

上場企業は一定期間での決算発表が義務付けられています。

この時に用いられる財務諸表には「損益計算書」や「貸借対照表」などがあります。

会社の業績や現在の財務状況がわかるため、その会社の株価の水準が正しく評価されているのか?値上がりする可能性があるか、値下がりしそうなのかを判断する材料になります。

上場企業の場合はホームページ上で投資家向けの情報を公開しています。

そこには会社の業績・財務情報などのファンダメンタルズ分析に役立つ情報が上げられいるので参考にしてみましょう。

 

国際的な経済の動きから判断する

株価を影響を及ぼす国際的な経済の動きも見逃すことはできません。

日本企業は車の素材部品はじめ様々な分野で世界に製品を輸出しています。

そのため世界の景気が減速すれば日本企業の製品の売れ行きにも影響を受け、結果的に日本企業の業績が悪化することにつながります。

また、日本には天然資源が乏しいので石油や天然ガスなどを輸入に頼っている状態です。

そのため中東の産油国などの情勢にも影響を受けます。

治安の悪い場所などではテロや海賊といった日本にいては実感がわかないようなことも行われている状態です。

このように株価は国内の景気動向だけではなく、世界の景気動向または国際紛争などにも注意が必要になります。

 

まとめ

ファンダメンタルズ分析は、個別の企業の財務情報を企業の将来の業績を分析したり、国内景気の状況のほか世界景気の状況・世界で起きている事件などにも気を配るなど多岐にわたる情報を収集し分析する必要があります。

ファンダメンタルズ分析で世界の経済状況や企業の業績を分析し、現在の相場の方向性をテクニカル分析で判断することで投資の勝率を上げることに繋がります。

 

 

現物取引が55円(税込)~、信用取引が0円~と、業界最安値水準の手数料での取引ができます。
口座開設費、口座管理・維持費も無料です。
取引ツールは、基本機能をすべて搭載し使いやすさにこだわったSTANDARD版と、取引に特化した高機能なPRO版があり、さまざまなスタイルに対応しています。
また、取引をすると取引手数料の1%がDMM株ポイントとして貯まり、貯まったポイントは1pt=1円として1,000pt以上から現金に交換できます。

キャンペーン

LINE証券の魅力
・1株単位で数百円から株が買える
・LINEポイントを使って投資ができる
・業界最低水準の取引コスト(※)
・平日21時まで取引できる
・申込から最短翌営業日で口座開設できる

気になるサービスいろいろ。証券会社を選ぶなら総合力で松井証券です。
株取引をはじめるなら、自分に合った証券会社を見つけることが大切です。
ネット証券なら、口座開設から情報収集、 注文までインターネットでできるため、 好きな時間、好きな場所で取引できます。
また、店舗がなく営業員がいないため、 その分少ない経費で経営されているので、 取引手数料などの各種手数料が安く設定されています。

コメント