ロスカットとは?損失を拡大を防ぐロスカットルール

マイナスFX(外国為替証拠金取引)
ぽろ
ぽろ

こんにちは、ぽろです。

投資をする際に、リスク管理をすることはとても大切です。含み損になったとき、どこまで耐えてどこで損切(ロスカット)するか重要となります。ここでは、ロスカットについて簡単にまとめます。

ロスカットとは?

ロスカットとは、投資で含み損になったさい、これ以上損失が膨らまないように損切りすることです。

投資をしていると、勝つことばかり考えてしまいがちですが、常に勝つ続けることはできません。投資をする際にはリスク管理をしっかり行うことが大切です。

ロスカットルールをあらかじめ決めてしっかり守っていくことで、損失の拡大を防ぎ大切な資金を守り次の投資に繋いでいくことが重要です。

ロスカットには、リスク管理の観点から自分でルールを決めて自分で実行するロスカットとFXや株の信用取引といったレバレッジ取引で、FX会社や証券会社が強制的に執行する強制ロスカットがあります。

レバレッジについて詳しくは下記記事参照
レバレッジとは?レバレッジの仕組みをしっかり理解しよう。
FX取引の特徴の1つであるレバレッジ。レバレッジを使うことで大きく利益を出すこともできますが、逆に大きく損をしてしまうこともあるので、レバレッジのメリット、デメリットをきちんと理解しましょう。

自分で決めるロスカット(損切り)

損失はコントロールできます。例えば〇%下がったら損切するということを最初から決めておくことで、それ以上の損失を抑えることができるからです。

とはいえ実際に含み損がとなってしまうとなかなか損切りできないのが人間です。ここが底なのではないかとか、もちょっとしたら反発するのではないか、と勝手に想像しロスカットが遅れてしまうことがあります。

そうならないためにもロスカットルールを決め逆指値注文OCO注文といった特殊注文を活用し損切ラインに達したら、機械的に注文が執行されるようにしておくとよいでしょう。

 

強制ロスカット

強制ロスカットは、証拠金維持率を割り込んだ時にFX会社や証券会社のシステムが自動的にポジションを決済することです。強制決済ともいわれます。

強制ロスカットのルールは各社で細かなルールは異なりますが、預け入れている証拠金と保有ポジションから証拠金維持率を元に算出し、〇〇%以下になったら強制決済と決められています。

ロスカット値は設定画面で変更することがきます。複数の口座で取引をしているならすべての口座で同じ条件値に設定しておくと管理しやすいですね。

強制ロスカットが執行される前段階に、証拠金維持率が一定水準まで下がると、マージンコールが送られてきます。追加証拠金(追証)を求められます。

マージンコールが送られてきたら、口座内に追加資金を振り込むか、含み損の大きいポジションを損切りするなりして証拠金維持率を上げるようにしましょう。追加資金投入よりも損切りすることをおススメします。

強制ロスカットを防ぐために、口座内の資金には余裕をもってポジションを保有する必要があります。また、レバレッジが高くなりすぎないように気を付けましょう。

ちなみに株の信用取引では、証拠金維持率ではなく委託保証金と呼びます。ロスカットに関しては同じような仕組みになっています。委託保証金の維持率は証券会社によって異なる場合があるので確認しておきましょう。だいたい20%~30%くらいです。

 

追証

追証とは、追加証拠金の略称です。

追証は、強制ロスカットの前段階で、証拠金維持率(委託保証金)が一定水準以下になった場合に、維持率を高めるために、追加資金を求められます。

追証の段階できちんと対処しなしと、次に待っているのは強制ロスカット(強制決済)となります。

最悪の場合、相場が急変しロスカットが成立せず、口座内の資金がマイナスになってしまうことがあります。つまり、資産を失うだけでなく、借金となってしまいます。

この場合も、追証となり、マイナス分の入金を求められます。つまり、借金返せってことですね。

追証というとこちらの方と誤解している人もいますね。

どちらにせよ、追証が発生したら健全な維持率になるように早急に対処しましょう。

追証について詳しくは下記記事参照
追証とは?FXや信用取引などレバレッジ取引で発生する追証について解説
追証とは?FXや株の信用取引では証拠金維持率が下がってくると、追証と呼ばれる追加資金を要求されます。ここでは、追証とはどのような制度なのか?追加資金を入れないとどうなるのかなどの簡単な解説をします。

まとめ

リスク管理は重要なのでしっかり行いましょう。強制ロスカットまで追い込まれてしまうと傷が深く、次の投資に繋ぐことができなくなる事もあります。資産を失うだけでなく、最悪の場合は借金となってしまう場合もあり、今後の生活にも大きな影響を及ばします。

特にFXでは、深夜時間も為替相場は動いているので、寝ている間に為替が大きく動き、朝起きたら強制ロスカットされていて口座の資金がなくなっていた。という話もたびたび起きます。

レバレッジ取引をするなら、十分な証拠金を用意するのとリスク管理をしっかりすることを心がけましょう。

FXに限らず株式投資でも、信用取引をするなら強制ロスカットがありえます。

信用取引について詳しくは下記記事
信用取引とは?信用取引は危険なのか仕組みを解説
株の取引には「現物取引」と「信用取引」の2種類取引方法があります。「現物取引」は口座を開設と同時にできますが、「信用取引」は審査が必要です。そんな「信用取引」の仕組みについて解説します

おすすめFX口座

■全てが高スペック。FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX
①FX業界最狭水準のスプレッド
②初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
「もちろんスマホからでも取引可能!アプリで楽々トレード」
③カスタマーサポートも充実で初心者も安心
「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」
④安心安全の『全額信託保全』導入済み
「3つの信託銀行でお客様の大切な資産を管理しております」
⑤業界初!『時事通信社』ニュース配信充実の為替情報でFX取引の参考に

ドル円100万円キャッシュバック

ドル円スプレッドは業界最狭水準の『0.2銭』でご提供!
ユーロ円、ポンド円、豪ドル円など主要通貨スプレッドも業界最狭水準!
手数料無料、口座維持費やロスカット手数料も無料!
モバイル&スマートフォンでお取引も快適!
有名ブロガーやアナリストによる無料Webセミナーは毎月開催!
新規口座開設キャンペーンも実施中!
みんなのシストレ・みんなのオプションと「自動売買」「バイナリーオプション」も一つの口座で取引可能。

SBI FX

業界最狭水準!驚きのスプレット幅!
米ドル円スプレッド0.27銭と業界最狭水準
※1,001〜1,000,000通貨注文まで
FXでは珍しい1通貨単位から取引ができる!
1回の発注で1000万通貨まで可能!
様々な投資スタンスに合わせたお取引が可能!
金融業界でも信頼の厚いSBIグループ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました